りんじん彼ジョ。【完】

りんじん彼ジョ。 /外れていく道




「ねぇ!ちょっと!!」

叫び声と同時に、後ろから強引に肩を掴まれる。


「は、はぁ……?」

ケーコさんの様子を見にいったその帰り。丁度 病院の入り口を出たところで、初対面の筈の女の人に再び声をかけられる事となる。


「ケーコちゃんの彼氏くん、少し話せる?」


眉をつり上げて向けられる視線は威圧的なもの。
美人とはいえないけど、化粧ばえのする比較的整った顔立ちをしている女の人は、きっとケーコさんよりも年上だと思う。


「あの……すみません、今からバイトなんで」

ケーコさんの職場の人だ。いくら彼女の虚言とはいえ、下手に弁解できないから困った。



「ちょっとだけでいいんだけどなー」

「すみません」

そう言って、女の人は隣に並んで足を進める。
まいったな。結構、時間ギリギリなんだよな。


「バイト、何時から?」

「5時からです」

「あー、じゃぁさ……」

この人とはもう2度と会うことないだろうし、面倒な事にならなきゃいいけど──。

0
  • しおりをはさむ
  • 146
  • 462
/ 317ページ
このページを編集する