ねぇ、私のこと好き──?

やくそく☆side * 壱斗

(壱斗 高1 × 苺 高1)




「ねぇ、壱斗ちゃん」

「んー?」

「壱斗ちゃんは、苺とエッチな事したいから付き合ってるの?」

なんてウザイ台詞を口にする苺は、上目遣いで覗き込んできた。



「なんだよそれ。面倒くせーなぁ」

「だって由香ちゃんが!!」

……アイツか。
確かに。俺自身、苺に酷い事をしていた自覚はある。
文化祭で"由香ちゃん"に会った時なんて、メチャクチャ睨まれてたもんな。仕方ねぇけど。

すぐ隣では、苺が眉を下げて肩を落としていた。
俺 何でこんな子供っぽい奴にやられてるんだろうと、大きな溜め息が漏れる。


「壱斗ちゃんは、ホントに苺の事好きなの?」

「…………じゃなきゃ、一緒にいねーよ」

「壱斗ちゃぁんッ!!!!」

部屋に苺の叫び声が響いて、俺の背中に苺の両手が回された。

なんで、こんなクソ恥ずかしい事を言わなきゃいけねぇのか。
でも、俺の胸元に当たる苺の柔らかいおっぱいに免じて許してやるか。



「い、壱斗ちゃん……。な、何か当たってるんだけど!!」

「あーもう、責任取れよな」

「う、うん」

果物のイチゴみたいに真っ赤に染まる頬をペロリと舐めれば。ふんわりと甘くてイイ匂いがした。


「つまり、壱斗ちゃんは苺の事、好きなんだよね?」


面倒くせー……筈なのに、何で苺なんかがこんなに可愛く見えるのか。


「……知らね」

「壱斗ちゃん、ひどいッ!!」

なんて声を上げる苺をベッドの上に押し倒して、キスを落とせば。苺は唇を尖らせながらも、ゆっくりと瞳を閉じた。

とにかく、苺にこんな事していいのは俺だけなんだ。





―FIN―

0
  • しおりをはさむ
  • 10
  • 481
/ 30ページ
このページを編集する