王様とうさぎさん

菱沼あゆ 恋愛
688ページ(完結) 163114字 更新日 2018/02/25 読者 129866人 公開 0 0

 他の課のよく知らない男にいきなり倉庫に連れ込まれ、プロポーズされた莉王(りお)。

 卯崎允(うさき まこと)というその男。

 ルックスはいいが、堅物であまり浮いた噂はないらしい。



 たいして面識のない自分に、何故、告白してきたのか、莉王は訝しむが、その理由は、なんと、莉王に霊が見えるからだった。

 彼の実家は寺なのだが、時折、霊障相談を受けて困っているらしかった。

 彼にはまったく霊が見えないのだ。

 檀家の勧めで強引に見合いさせられそうな允は、知らない女と結婚するのは厭だと社食で何度か見かけた莉王に声をかけてきたのだ。

 霊が見えて、実家の仕事に使えそうだという、ただ、それだけの理由で。

 そんな理由で付き合えるかっ、と思う莉王だったが——。

 P670から更新、完結しました。
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

ロック中
ロック中
ロック中
ロック中
ロック中
  • 891
  • 17436
 
このページを編集する