不眠症の上司と―― 千夜一夜の物語

間抜けな部下のそれほどでもない秘密




 朝、チャイムを連打されて、那智は目を覚ました。

 何処の子供だ。
 ピンポンダッシュか?
とインターフォンの映像を確認すると、遥人だった。

「なんなんですか、朝早くにもう~」
と言いながら、鍵を開ける。

 遥人は中を窺いながら、
「あの男は居るのか?」
と訊いてくる。

「桜田さんですか?
 帰りましたよ。

 もともと仕事抜けてきてただけなんですから」

「いいから入れろ」

「はいはい、わかりましたよー」
と言いながら、那智は中に入る。

0
  • しおりをはさむ
  • 1475
  • 19181
/ 459ページ
このページを編集する