不眠症の上司と―― 千夜一夜の物語

「桜田さん」
「なんだ」

「あの人が若い男の子に執着するのは、昔の貴方の面影を追ってるからだと思うんだよね」

 急にそんなことを言い出した洋人を足を止め、振り返る。

「僕だって幸せになれるだなんて思ってないよ。
 でも引かない。

 負けないよ」

 言い切る洋人に、かつての自分にあって、今の自分にないものを見た。

 眩しく彼を見ながらも、素っ気なく、
「まあ、せいぜい頑張れ」
と言い、手を挙げた。

 そのまま、そこを去る。



0
  • しおりをはさむ
  • 1480
  • 19253
/ 459ページ
このページを編集する