不眠症の上司と―― 千夜一夜の物語

「それにしても、甘いですよね。
 甘々ですよね、お父様。

 父親ってみんなこうなんですかね?」

 この間の騒動を誰も知らないことをいいことに、梨花の婚約が白紙になっただけで、遥人の立場は変わらないままだった。

 まあ、その代わりに、遥人と政臣の関係もオープンにされないままだったが。

 みんなはまた、梨花が浮気して、破談になり、その詫びとして、遥人を専務の地位に置いているのだろうと思っている。

「会社乗っ取るもなにもないですよー。

 此処まで登ってこいって。
 ほとんどハシゴかけて、手招きしてるじゃないですか」

 うるさい、と赤くなる遥人を見て、那智は笑う。

0
  • しおりをはさむ
  • 1480
  • 19247
/ 459ページ
このページを編集する