オタク姫 ~100年の恋~

菱沼あゆ
恋愛 347ページ(完結) 90799字 更新日 2019/07/14 読者 21731人 公開 0 0

 間違った方向に高校デビューを果たしてしまい、みんなから、姫と崇められるようになってしまった朝霞あさか

 朝霞は実は、ゲームオタクなのだが。

 眠るたび、まだやっていない乙女ゲームの世界に入り込むようになってしまう。



 その夢の中では、高校の先輩で、朝霞とはあまり接点のないイケメン、十文字晴じゅうもんじ はるが、何故か王子様として登場するのだが。

 朝霞が王子の呪いを解くと、王子は文句を言い出した。

「どうしてくれるっ。
 お前が呪いを解いたせいで、お前を100年愛する呪いがかかってしまったじゃないかっ」

「いや~。
 どうしてくれるって言ってる時点で、なんにもかかってないですよね~……?」




 ※ガルムさん、レビューありがとうございますっ(^^;)
 本当だっ。
 お菓子みたいになってますよっ。
 直しときました~っ。


 (「小説家になろう」にも掲載しています。)

  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 568
  • 19082
このページを編集する