知らない人と待ち合わせ ~神のみぞ知る映画館~

神のみぞ知る映画館

 


「あんたさー。
 素敵な出会いないかなーとか言ってたじゃん。

 私が素敵な出会い用意しといたげたから、行ってみ?」
と友人に言われ、会社が休みのその日、私は今まで一度も立ち入ったことのない古い映画館の前に居た。

「そこ、古い任侠映画とかばっかりやっててさー。
 全然客居ないんだけどさー。

 客居ないから、待ち合わせにちょうどいいのよ。

 安いし、暗いし」

「暗いし?」

「ああ、いい雰囲気にならなかったら、すぐに出ていけばいいのよ。
 でもまあ、二人でちょっと映画でも見て、気が合ったら付き合ってみたら?」

「……任侠映画で初デートってどう?」

「きゃーとか言って、怖いシーンで抱きつきゃいいじゃん。
 モノクロのフランス映画のときもあるし、いろいろよ。

 その日、なにやってるか知らないけど。

 ああ、霊が出るときもあるから、それこそ、きゃーって抱きついたりしてみたら?
 まあ、相手が気に入ったらだけど」
と笑って孝子は言っていた。

0
  • しおりをはさむ
  • 139
  • 19256
/ 12ページ
このページを編集する