女若頭への愛の償いⅠ

夏休み /地獄

あれから日々は過ぎて行った。
翔と詩音の関わりは無くなった。
それから、蓮や海斗達とも距離を置いていった。

今日は終業式。
明日から夏休み、
って言っても私には地獄の始まり。

教室の放送で流れる、終業式の言葉を聞く。
早く帰りたいな。

空を眺めていると、放送は終わっていた。

担任の話が終わって、皆が帰っていく。
でも、私はそのまま座ったままだった。

皐様どうしてるかな?
街からは、番人の存在は無くなっていた。
あっけないな。

いつの間にか教室には、私しか居なくなっていた。

そのまま、ボーと外を眺めていた。

どのくらいたったのか、分からなかった。

0
  • しおりをはさむ
  • 44
  • 50
/ 530ページ
このページを編集する