女若頭への愛の償いⅠ

堕ちる /止める者達

『じゃあ、俺の相手しろよ。』

相手?

『相手って
喧嘩の相手?それともsexの相手?』

『フッ
喧嘩の相手だよ。』

『ふぅん
いいよ。死んでも知らないよ。
今の私、正常じゃないから。殺すまでやる。
それに相手が私でも?』

被っていたフードを取って、男に顔を見せる。
大体は、逃げる。

『鴉の正体は、女か。』

『ただの女じゃない。
神楽組の若頭だよ。』

『神楽組の若頭ねぇ。
いいんじゃねぇ。強そうで。』

  • しおりをはさむ
  • 44
  • 49
/ 530ページ
このページを編集する