彼がネクタイを緩めたら1st㊤【完】

確固たる絆


それから一ノ瀬さんの双子の妹だというリュカさんが、私の座るテーブルに移動してきて

彼女に問われるがまま自分のことをぺらぺらとしゃべってしまった。




「ヤエちゃん、かわいいね」


リュカさんはうふふと笑って、私の顔をじっと見つめる。



う……美しい。

きらきら輝いて見える。


っていうか本当に輝いてる気がする。



「かわいいだなんて、そんな……リュカさんと比べたら、月とすっぽん、というか、いやいや、すっぽんでも無理だ。なんか同じ地球上のいきものとは思えませんよ、ははは……」



彼女の美しさの前にへりくだりながら、私は怪しい笑顔を浮かべる。



「もーう、そんなことないのに!」


0
  • しおりをはさむ
  • 17964
  • 2424
/ 474ページ
このページを編集する