彼がネクタイを緩めたら1st㊤【完】

触るな、危険



それからまたあわただしく日が過ぎて――


前回の連絡から一週間もしないうちに、水上さんから携帯に連絡があった。




電話の内容は、『弁護士が作成した書類が出来たから、一度会えないか』ってことだったんだけど……



正直気が重い。




とりあえず『郵送で』とお願いしたはみたけれど、『一度お会いして』と改めて言われると、お世話になっている以上、強く断ることが出来なかった。




とりあえず、トモキとのことはこれで最後だって何度も自分に言い聞かせて、仕事帰りに待ち合わせの場所へと徒歩で向かった。




梅雨に入ったとはいえ、夏も近づいて日が高くなってきたせいか、商業ビルのイルミネーションも空の色に浮いている感じ。



0
  • しおりをはさむ
  • 17962
  • 2424
/ 474ページ
このページを編集する