俺様とネコ女Ⅱ

さっきまでのラブラブモードから一転。

「知り合い?」

と聞いてくるコウの、

メガネの奥の目が

笑ってないことを瞬時に察知する。


「中学の同級生?」

思わず疑問形になってしまった。

でもウソじゃないよ。
説明不足なだけで。

自分から暴露することでもないし。


「へー。」

という言葉とともに、
疑惑の目が向けられる。


ピンポン!
と、
間抜けなL○NEの着信音。

そして、
テーブルの上に
無防備に置かれたスマホの画面には
受信内容が有無を言わさず表示されている。

地元の友達からだ。

  • しおりをはさむ
  • 2506
  • 17028
/ 444ページ
このページを編集する