俺様とネコ女Ⅱ

【第4章】サプライズ


*コウside*

家のソファーに座り、

ここを抱きしめる。


出会った頃より
少し伸びた髪の毛からは、
いつものここの匂いがして心地いい。

ここの父親の言葉を思い出す。


「こころが、
結婚相手を連れて帰ってくるって聞いて、
ふざけた男なら
追い返してやろうと思ってた。

今まで散々甘やかしてきたから、
わがままだし自由奔放な子だけど、
そうかと思えば、
親から見てもビックリするくらい
キチンとしているところもある。

私たちの大事な娘だから、
あの子を絶対幸せにして欲しい。」

そう言って、
婚姻届の保証人欄に記入してくれた。

0
  • しおりをはさむ
  • 2431
  • 16249
/ 444ページ
このページを編集する