俺様とネコ女Ⅲ SS追加

③第二章 /コウの想い

*コウside*


くそっ、あいつにはいつも驚かされる。

あいつの誕生日にした俺のサプライズなんかクソだな。


なにが”野生の勘”だ。

ここが言うと、ただの勘とは思えない。


絶対妊娠したんだろう、と思えた。


朝からこのことがすげぇ気になって、暇さえあればスマホで検索三昧だ。

こんなところまでここの影響を受けてるのか、俺は。



4時過ぎに無理やり仕事を切り上げて帰ろうとしたら、鈴木がまたありえない提案をしてきた。

「今日誕生日なんだってね。

奢るから飲みにー」
「嫁が待ってるんで。」
お前なんか最後までしゃべらせない。

「でた、溺愛。」


チッ

出たじゃねぇよ。


鈴木には挨拶もせずに1課を出た。

0
  • しおりをはさむ
  • 2860
  • 16191
/ 586ページ
このページを編集する