俺様とネコ女Ⅲ SS追加

①GW /純白の天使

*山本side*

5月2日、木曜日。


県内屈指の繁華街。


幹事である俺は
もう15分も前から

とある居酒屋の前でスタンバイしている。

飲み会開始まであと15分あるから、
俺は30分も前から
店の前にいることになる。


俺は今日をどんなに心待ちにしていたことか・・・


去年の8月まで

共に競い合って
お互いを高めあっていた同志との再会を。

大きな声では言えないけど、
その奥さんとの再会も
ちょっとだけ楽しみにしていた。

いや、
ほんとはもうちょっと楽しみなんだけど、
彼女といると緊張してしまう。

以前は、
毛穴と言う毛穴から
汗が噴出しそうになっていたもんだ。

0
  • しおりをはさむ
  • 2911
  • 16442
/ 586ページ
このページを編集する