じょうろ と バスケットボール【完】

当番―1日目―



「暑いです、」


思わず呟きが溢れる。


午前8時―――。


学校までは徒歩で15分。


制服の半袖のシャツから覗く二の腕は紫外線の影響を殆ど受けず、白かった。


今日に限って、長袖のシャツ全部洗濯中で、仕方なく半袖を着てきたけれど。


「1日で真っ黒に焼けそう……」


日焼け止めを塗った肌がチリチリと痛みを感じる。


汗と共に流れてしまえば、その効果は意味がなくなるだろう。

今日は当番1日目。


あと6日間はこうして毎日通わなくてはならない。


ようやく見えてきた校舎を見上げて、私は溜め息をついた。


0
  • しおりをはさむ
  • 109
  • 2467
/ 335ページ
このページを編集する