じょうろ と バスケットボール【完】

当番―2日目― *side太陽*











キミは汗をかきながら、それでも、大変だなんて一言も洩らさずに、ただ笑ってた。







そんなキミの姿に、俺は無性にイラついていたんだ。










0
  • しおりをはさむ
  • 107
  • 2448
/ 335ページ
このページを編集する