【重要】リニューアルのお知らせ

BOOK機能の仕様変更に関して必ずご確認ください!
詳しくはこちら


愛していると囁いて Ⅱ

愛していると囁いて Ⅱ

フルーツロール
恋愛 625ページ(完結) 583842字 更新日 2019/12/07 読者 6291人 公開 0 0




貴方は自分を、“漆黒の夜空”だと言った





貴方は私を、“星”だと言った





満天の星空と、満開の曼珠沙華…





夜空の下に、赤い花






“天界に咲く花を眺めては……―――この罪を思う…”







アナタにだけ、知っておいてもらいたい…






本当の名を…







“もしも私たちに、滅びが訪れるのならば、






その時は、私のことを抱き締めていて






その時は、抱き締め合いながら、瞳をとじよう…”







………―――“孤独”と言う名の僕らの“空”






暗雲は広がり…やがて嵐が、僕らの運命を狂わすだろう








“どうしてだろう?……………――愛しちゃったよ……―――”






  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 5
  • 49
このページを編集する