朱龍Ⅱ【完】

†残すものは† /年越しOneTime*




12月31日――…





…どうしてこの人達はこうも自由奔放なのだろう、とつくづく思うこの頃。








「小鈴、ここ。お前、向こう」


「はぁっ!?総長様に向かってお前とはなんだお前とは!」


「ギャハハハ!瑛士言われてやんの~!」


「小鈴ちゃんめちゃくちゃ龍音に気に入られちゃったね。おめでとう」


「お前、俺よりバカ。頭、幸せイッパイ」


「「ブッ……!!」」


「あ、頭幸せイッパイだぁ!?確かに俺の頭ん中は女の子のことしかねぇけどよ!」


「キモ。どっか逝け」


『……うん。瑛士。ここはもうおとなしく変わろう』



見てるこっちが不憫でしょうがない。




今日は待ちに待った大晦日暴走…らしい。


普通クリスマスにやるもんじゃないの?っつー話だけど、何やら大晦日のほうが盛り上がるらしく毎年クリスマスにはやらないんだとか。




  • しおりをはさむ
  • 1876
  • 146
/ 363ページ
このページを編集する