パズルピースが帰るまで……

明智 倫礼
恋愛 135ページ(完結) 249107字 更新日 2019/04/15 読者 572人 公開 0 0

 例えば、自分がある女の背後に立っているとする。
 だが、その女はまったく気づかない。
 それではと思い、さらに近づいてみる。
 それでも、気づかない。
 次の手を打ち、顔をのぞき込んでみた。
 すると、その女は自分にやっと気づいた。
 だが、部屋を照らす灯りには、自分の影は映し出されていない。
 最初は違ったのだ。
 しかし、ある事件が起きて、こうなってしまった。
 この物語は、その原因へとさかのぼる話だ。

 親友、同僚、元同僚、パパ友、担任教師と保護者、従兄弟、講師と生徒……etc。
 人生を本気で生きる男たちの関係は、それぞれ深く複雑に入り組んでいる。

 仕事と妻子。それを支え、それに支えられながら迎える、昼下がり。
 桜舞う季節の中で、男同士職場で、妻に内緒のいけない情事、キスが始まる。

 知らない人同士が、よく知った仲であったり、男たちの話している内容が支離滅裂のようにも思えるが、最後に必ず納得できる物語。

 不誠実、不道徳、背徳感、そんな言葉は、この男たちには存在しない。妻に内緒で、キスのリレーが進んでゆくのに……。

 さて、男9人が巻き起こす、魔法のように不思議で、世界で1つしかない宝石のように素敵なラブストーリーの結末とはいかに?
 しかも、男たちには守りたいではなく、守るべき女が1人いた。その女とは一体何者なのか?

 *この作品は、小説家になろう、エブリスタ、アルファポリス、カクヨムにも掲載されています。
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 1
  • 2
このページを編集する