BABY BLUE ㊤【完】

7








「ただいま……あ、大ちゃん」



「夢子か。今日は帰る」



「えっ?あ、うん」



わたしが玄関のドアを開けたのと、ほぼ同時。



明らかに、機嫌の悪そうな大ちゃんが、入れ替わりで出ていくところだった。



「…………」



なんとなく、どういうことがあったのかは、想像つくけど。



とりあえず、お母さんのいるリビングに向かうことにする。



「……ただいま」



「あら!おかえり、夢子」



なんだか、楽しそうなお母さん。



お母さんは、雰囲気も性格も想子に近い。

0
  • しおりをはさむ
  • 1401
  • 6594
/ 354ページ
このページを編集する