BABY BLUE ㊤【完】




「じゃあ、本当に気にしないでね」



「う……ん」



もう一度、さらりと笑って去って行った、一ノ瀬くんに。



わたしは、再び心を奪われた。




…………。




わたしのことを好きになってほしいなんて、贅沢は望まない。



でも、どうか。



想子にだけは、惹かれないで。



そんなふうに考えてしまうわたしは、やっぱり、心が歪みきってしまっているんだろうね。











0
  • しおりをはさむ
  • 1401
  • 6627
/ 354ページ
このページを編集する