BABY BLUE ㊤【完】




「……怒ってた?あの人」



そんなこと、当たり前なのに。



往生際悪く、確認なんかしてしまう自分がいて……。



と。



「貴ってさ」



いつになく、里沙の表情が真面目になった。



「わたしが好きになった頃は、こう言っちゃあ何だけど、目立たない感じだったんだよ。強気な態度のわりに、ひ弱そうでさ」



「うん……」



すでに、一ノ瀬くんに聞いていた話だけど。



「でも、一ノ瀬の方は、昔からあんなだったらしくてさ。多分だけど、一ノ瀬へのコンプレックスみたいなのが、残ってるんだと思うんだよね」



「…………」



それも、とっくに想像ついていた。

0
  • しおりをはさむ
  • 1401
  • 6696
/ 354ページ
このページを編集する