BABY BLUE ㊤【完】

5








「相原」



「…………!」



想子と大ちゃんと時間をずらすため、早めに登校。



一ノ瀬くんにも顔を合わさないよう、こっそりと自分の教室へ向かおうとしていたら。



「ちょっと……いい?」



早速、一ノ瀬くんに、声をかけられてしまった。



「う、うん」



動揺して、声が上ずる。



だって、一ノ瀬くんから話しかけてくるなんて、思ってもみなかったから。



絶対、面倒がられて、無視される気がしてたのに。

0
  • しおりをはさむ
  • 1401
  • 6602
/ 354ページ
このページを編集する