BABY BLUE Ⅲ【完】

another side /when you blink








いつものように、大きく深呼吸。



頭の中で、何度も何度も、話すこと、聞きたいことの内容を確認する。



「……うん」



今日も、自然な感じでいけば、大丈夫。



そう、気合いを入れて、通話ボタンを押した。



その相手は、わたしの好きな人、一ノ瀬くん。



もちろん、貴じゃない方。

0
  • しおりをはさむ
  • 513
  • 6734
/ 278ページ
このページを編集する