BABY BLUE Ⅲ【完】

4








「……そっか、わかった。ありがと」



昼休み。



ランチの途中でかかってきた、里沙からの電話を切った。



用件は、本多さんのこと。



ライブに来たのは初めてなようなことを、本多さんは言っていたんだけど。



あれから、里沙が裕太くんに聞いた話によると。



高校の頃から、こっそりとライブに来ていた本多さんの姿を、裕太くんは何度か見ているらしい。



「何かあった?深刻そうな顔して」



「あ……ううん!」



たまたま、トレイを持って通りかかった、一ノ瀬くんに首を振った。

0
  • しおりをはさむ
  • 513
  • 6720
/ 278ページ
このページを編集する