BABY BLUE Ⅲ【完】




「そうなの?言ってくれたら、いくらでも紹介するのに。一ノ瀬ガールズ」



「いいや。もうちょっとだけ、待ってみるから」



「夢子ちゃんを?」



舞ちゃんは、一ノ瀬くんをからかうのが、楽しくてしかたないらしい。



「いや、自然に発生する、運命的な出会いみたいの」



真剣な顔で答えた、一ノ瀬くんを笑い飛ばして、続ける。



「そんなの、そうそうあるものじゃないよ。ねえ?夢子ちゃん」



「えっ?あ……」



わたしは、貴くんとの出会いは、運命だったと思ってる。



それが正しければ、壊れたりしないよね?



そう、願うしかない。











0
  • しおりをはさむ
  • 513
  • 6734
/ 278ページ
このページを編集する