アスタルの野望

プロローグ

淡々とした黒い瞳で、彼は自室の大窓から外を眺めていた。

窓の外では暗雲が立ち込め、昼間とは思えないほど空が暗い。

「それで?」

と、ワイズ国の第一王子、アルケット・クロゼール・ワイズナーは、黒い瞳を家来へ向ける。

「―それで、何だったかな?」

いいながらアルケットが、ビリビリに破かれた封書を自然な動作でその辺へ捨てる。

一見親しげな笑み。

端正な顔立ちと、さらりとした黒髪は、世の女性たちの憧れの的でもあった。

けれど柔和な笑みと言葉とは裏腹に、内心は冷たい怒りを持っているようだった。

アルケットに封書を渡した侍従の男が、背にヒヤリとするものを感じながら、頭を下げる。

「あの…それが…」

消え入りそうな声で、侍従が口を開く。

「ルノワール国のアスタル姫ですが…、我が国との停戦条約には応じられないと…」

「正確にいうなら、僕との政略結婚なんてお断りだ、というところかな?」

いって、見つめた先には、先程アルケット自身が捨てた、破られた封書が散らばっている。

アルケットがルノワール国のアスタル姫に書いて送った、『心にもないことを』書き綴った形だけのラブレターだったが、先方はそれをご丁寧に破って送り返してきた。

  • しおりをはさむ
  • 0
  • 2
/ 24ページ
このページを編集する