君だけのデビル【完】

天使の表面 /全力死守、チサトちゃんの秘密。








「次体育だけど、今日からバレーだって知ってた?」



「え、あーそうなんだ」



「なにー、その興味のない返事はー。こっちまでやる気なくしちゃうじゃん」





ぶーと怒る悠歩にあたしは、ごめんごめんととりあえず口だけで謝っておいた。




仕方ないじゃないか、最近寝不足なんだよあたしは。



とある女装趣味のある変態悪魔のせいで。






「更衣室行こー、…あ。そうだっ、影倉さんも一緒に着替えようよ!」



「……え?」





不意に話を振られた智里は、教科書を机に入れながら顔をあげる。


あたしはと言うと、「は?」と声を発してそのまま悠歩へと目を向けた。





0
  • しおりをはさむ
  • 2232
  • 4444
/ 480ページ
このページを編集する