君だけのデビル【完】





「ねっ、そうしよ!だって、女子更衣室何処かわからないでしょ?」




「え、ちょ。悠歩!」



「なーに?」



「何ってそりゃ…っ!」




こいつは男だから女子更衣室なんて、そんな所に入れられるわけないんだけど!!






と、叫びそうになったところで、必死に飲み込む。





いや、だってさ!


これはさすがに…!!




と思いつつ、智里へと目を向ける。



智里はそんなあたしを、裏に何かがあるとしか思えない程までに〝完璧〟なにっこり笑顔で、じっと見つめていた。恐ろしい。





0
  • しおりをはさむ
  • 2232
  • 4454
/ 480ページ
このページを編集する