君だけのデビル2

悪魔の秘密 /夏目前、肝試しにつき!








「夏休み目前!どうせなら、楽しく夏の幕開けにしたい…!ってことで、今度の休み!肝試し大会を開催します!」



バン!と力強く黒板を叩いたのは、我がクラスの委員長だったりする。



机に頬杖をついてそれを見ていたあたしに、「肝試しだってよ!」と隣の岡崎がわざわざ復唱してきた。ちゃんと聞いてるっての。





「出来るだけ全員に参加してもらいたいから、どうしても無理な人はその理由を明日までにあたしに言って頂戴!」



ギラリとかけているメガネを光らせて、クラス中を見回す委員長。


それを見ていた男子達は「やべーよ!」と盛り上がり始めた。



「花火買ってこうぜ!うんとデカイヤツ!打ち上げる系の!」


「つかそういうのって、脅かし役とかいた方が盛り上がるよな?」


「っていうか、どういう組み合わせで回るわけ?」


「そりゃ男女っしょ!」


「それしかないっしょ!」

0
  • しおりをはさむ
  • 2227
  • 4433
/ 474ページ
このページを編集する