君だけのデビル2

悪魔の秘密 /悪魔様と、海につき!








「青い海!白い砂浜!ビキニ女子とウハウハ天国!ビバサマー!!」


「岡崎~、んなとこで何やってんだよー!早くナンパいこうぜナンパ!」


「んー!そうだなー!」



ケラケラと笑って歩いて行くのは、岡崎とその仲間たちだったりする。





「あいつら…ほんっと下品だわ。ね?七瀬」


「ああ、そうだね」



返事をしつつ、ピンク色の水着姿の悠歩に目を向ける。

可愛いな、ってか良く似合うなピンク。


じーっと見ていれば、悠歩は「っていうか、」と唇を尖らせた。




「七瀬はいつまでパーカー羽織ってんのさ!」


「えっ、ああ、えっと…」



ビーチボール片手に迫ってくる悠歩から顔を逸らす。


そんなあたし達の元へ、




「かっわいいじゃん坂下ちゃん!!」



0
  • しおりをはさむ
  • 2227
  • 4475
/ 474ページ
このページを編集する