君だけのデビル2







――夏休みも後半に入って、そろそろ溜まっている宿題に手をつけなければ、間に合わないと焦り始めていた頃。


なんの事前連絡もなく、悠歩が強引に家にやって来た。話を聞く限り、今日はどうやら夏祭りがあるらしい。



どうしても遊びに行く気がしなかったせいか、夏の前半は全て断りを入れていた。


から、きっとさすがの悠歩も携帯だけのやり取りじゃあたしが動き出さないことを読んで、強引なお宅訪問切り替えたみたいだった。





我が家にやって来た瞬間、


「七瀬!浴衣持ってる?持ってるよね?今日は夏祭り行くから、今から浴衣持ってうちに来て。もし来なかったら七瀬の机の引き出しにくさやを詰め込むから!」



と、恐ろしい脅し文句と一緒に、あたしを強引に外へと引っ張り出そうとした。


くさやって……、地味に嫌だ。っていうか全力で嫌だ。イタズラっていう範囲、余裕で超えてるし。





0
  • しおりをはさむ
  • 2227
  • 4454
/ 474ページ
このページを編集する