Invincible~虎に翼~【完】

4 きっかけと確信 /3





「ちょーっと、トラちゃーん!!そりゃないって!!」



朝早く大虎の部屋へと押し掛けたライトががっくりとしゃがみこんだ。


今日は大虎と心羽が遊園地デートをする日、気合を入れなければとやってきた。


だがこれは一体どうしたものかと大きくため息を吐く。



「トラちゃんさー、折角のデートでしょうが」


「……デート?」


「そう、デートでしょ!!なのに、いつも通りのスーツとか、ありえなくない!?」



そう、大虎はいつも通りかっちりスーツ、それもスリーピースのベストを着て、後は上着を羽織るだけな格好だった。



「いや、それもいつも通りかっこいいけどさー。今日どこ行くんだっけ?遊園地でしょ?遊園地でその格好、ありえなくない!?」


0
  • しおりをはさむ
  • 408
  • 3211
/ 410ページ
このページを編集する