Invincible~虎に翼~【完】

5 逢いたい理由 /2

「ココアちゃん、俺達本日のコーヒーね!」


「はい、かしこまりました」



カウンターの中微笑んだ心羽はコポコポとなるサイフォンに挽いた豆を入れる。


用意したカップは3つ。


その一つにドリッパーをのせ、ずっと気になる視線に困ったように一度目を伏せた。



「ヤブっち、いい加減にした方がいいと思うんだけど?」


「あぁ?大虎が怖くてやってられっか!」


「だからってそんなじろじろ見たらココアちゃんがかわいそうでしょ?ねー?ココアちゃん?」


「あ……いえ、」


「ココアちゃん、ヤブっちは医者なんだよー」



曖昧に微笑む心羽を少しでも安心させようと、ライトがニコッと笑って矢部を指差した。


0
  • しおりをはさむ
  • 410
  • 3227
/ 410ページ
このページを編集する