Invincible~虎に翼~【完】

7 交換条件 /1



エレベーターの最上階ボタン、その横に揺れる鍵に心羽は心の中でほうとため息を吐いた。


こんな鍵付きのボタンなんて、大きなシティホテルの上階ボタンの横にしか見た事が無い。



小さいチンという音の後開いたドア、目の前に見えたのは玄関の様な扉だった。


その前に置かれた荷物は夕方買ったもの。



「ライトにも鍵を一つ預けてるから、アイツが置いて行ったんだろ」



質問する前に説明された事に頷いて、鍵を開けて入った先はシンプルな普通のマンションと同じだった。



「おじゃま、します」


「あー……スリッパがねぇ」


「このままで大丈夫ですよ」



靴を脱いで足を置くのはフローリング。


自宅と変わらないそれに心羽はホッと息を吐いた。


0
  • しおりをはさむ
  • 410
  • 3227
/ 410ページ
このページを編集する