Invincible~虎に翼~【完】

大虎は心羽を自宅へ置いたまま、ライト達のオフィスへと降りた。



「トラちゃん、ココアちゃん大丈夫だった?」


「お嬢、随分青い顔してたけど、“若菜の誤解”が溶けてよかったな?」


「銀、いい加減にしろ。ココアさんの青い顔の原因は俺じゃない」



大虎が入った途端にされるのは心羽の心配で、心羽もまたこの3人の所へ来たと思うと大分慣れた様で嬉しい。


だが喜んでいる場合ではない。大虎は心羽の昼の話をするとライトの表情が変わった。



「その男、名前は?」


「早乙女聖」


「……ココアちゃんも随分な交友遍歴をお持ちで、」


「引田の右腕か」


「ちょーっと詳しく調べますか」


「あぁ、頼む」



心羽に何もなきゃいいが。


大虎は一度グッと眉を寄せた。


0
  • しおりをはさむ
  • 409
  • 3218
/ 410ページ
このページを編集する