Invincible~虎に翼~【完】

2 その始まり /1





カフェ『ciel』は午後6時に店を閉める。


その後片付けや翌日のコーヒー豆の準備、ランチの仕込みなどを済ませる。


心羽は一通りの事を済ませると、疲れとともにため息を吐きだしエプロンを外した。


奥にしまってある鞄を手に、窓の鍵など防犯チェック。


店のドアを開けて外を見た瞬間、いつも以上の疲れが出た気がした。



「……雨?」



しとしとと降る雨は店先のタイルの歩道に水たまりをつくる。


確か置き傘……


思いながら傘立てへと振り返り、つい先日急な雨で持って帰ってしまった事を思い出した。


あれから晴れ続きだったから持ってくるの忘れてた。


心羽は、はぁ、声に出しながらため息を吐きだした。


0
  • しおりをはさむ
  • 408
  • 3211
/ 410ページ
このページを編集する