Invincible~虎に翼~【完】

「ふふっ、なぜかこれは落しても見つかる、無くさないピアスなの」


「へぇ」


「それに、他は処分しちゃったし、ね?」



くすりと笑った心羽は付けたピアスを撫でるようにした。



「無くしてもいいから、こっちを付ける気ねぇか?」



どこから出したのか、小さな白い箱を心羽の目の前に出し蓋をあける。



「え、大虎さん、これ」


「あぁ。昨日外出た途中で見つけた」



ピンクゴールドに小さな石がほんの少しぶら下がる。


耳たぶから零れ落ちるようなデザインのそれに心羽は目を潤ませた。


立った今付けたいつものは大虎の手により外されて、そしてまた、彼の手で新しいものがつけられる。


少しくすぐったいそれに、心羽は肩をすくめた。


0
  • しおりをはさむ
  • 409
  • 3218
/ 410ページ
このページを編集する