Invincible~虎に翼~【完】

「大虎」


「…………」


「“その時”が来たのか」


「何の事だ」


「必要な時に出会うって言ってただろ?」


「……覚えてねぇな」


「ククッ」



後部座席から見える、運転席に座る肩が震えている事は無視だ。


コイツなら害はねぇだろ。



「くくっ……俺がライトじゃなくて良かったな?」


「…………」



ブシはまた肩を震わせると目的の料亭前へとピタリと車を付けた。



「帰りはちゃんと呼べ。迎えにくる」


「あぁ」



颯爽と降りた大虎に、料亭前で待っていた藤崎組の組員が深々とお辞儀をするのを見届けて、ブシは車を発車させた。


0
  • しおりをはさむ
  • 409
  • 3218
/ 410ページ
このページを編集する