隣に並んでいいですか。【完】


銀二はオフィスの給湯室で淹れたコーヒーをそろそろと運びながら、部屋の中心にあるソファへとゆっくり腰を下ろした。

いつもなら大虎と光輝のいる社長室で休憩をとるのだが、今日は下の階の銀二たちの方へと集まっていた。

芽衣が止まることなくキーボードを打ち付けている。

銀二が運んだコーヒーを啜りながら、若菜が口の端を持ち上げた。


「心地いい響きだ」


目を細め、視線を芽衣の方へと向ける。

若菜はキーボードを打つカチャカチャという音が好きらしい。

陶酔したような表情の若菜に、銀二は顔を引きつらせた。

この音を心地いいとは思わない。

むしろ、急かされているようで、居心地の悪い時がある。

じっと芽衣を見つめていた銀を、隣に立っていた芽衣の夫の矢部が小突いた。


「っ、ダッ!!痛って!!矢部、こら!ペンでつくんじゃねーよ」

「てめぇが人の嫁に熱い視線を送ってるからだろうが」


おでこを抑えて銀二がギロリと睨んだが、矢部の方が何枚も上だ。


「メスのほうがよかったか?」


白衣のポケットに両手を突っ込んで見下ろされれば、銀二は不貞腐れて視線を逸らせた。


「しょうがないよね。銀ちゃん、年上好きなんだし」

「なに!?銀、それは本当か?」


光輝がニヤニヤと笑いながらそう言うと、若菜が芽衣に向けていた視線をぐるりと銀二へと向けた。


「は?いや、別に年上が好きってわけじゃ……」


少し歯切れが悪いのは、昼休み寝た時に見た夢のせいだろうか。


「お前もそろそろ将来のことを考えた方がいい。年上が好きなら俺の知り合いを紹介してやろうか」


真剣な顔で若菜がいうものだから、光輝と大虎が小さく笑った。


「ブッシー。銀ちゃんには心に決めた人がいるんだよ。ねぇ?」

「ほう?それは初耳だな」


にやにやと笑う光輝と大虎に、片眉を持ち上げて聞く気満々の矢部に若菜。

銀二は「ゲッ」と身を引くと、苦く笑った。


「……別に、決めた人ってわけじゃねーよ」

「でも、待ってるって決めたんでしょ?」


なんでお前が知ってるんだよと視線で光輝を睨んだが、そこはいろんなことをお見通しな光輝なため、肩をすぼめるだけで流された。


「待つったって、もう15年は経つしな。音沙汰もねーし、知らね」


銀二は投げやりにそういうと、ぬるくなったお茶を飲んだ。

0
  • しおりをはさむ
  • 49
  • 3218
/ 19ページ
このページを編集する