哀れなリンゴ【完】




そう、勿論そんな彼を盗み見ているのは私だけではない。



OLに女子中高大生、おば様方まで彼をチラチラ盗み見ている。



そりゃそうだ、これだけ完璧な男子はそうそういない。









そんな静かにざわついた周りなど気にする様子のない彼は、手すりの棒に凭れかかり携帯を操作している。



もう慣れっこなのか、はたまた気付いていないのか…。



綺麗な顔で欠伸し、切れ長の目に涙がたまっている。






0
  • しおりをはさむ
  • 414
  • 117
/ 225ページ
このページを編集する