心配しないで

「ダメ。前、襲われそうになったんでしょ?」



ホントだ
あれはもう迷惑だったよね
早く帰りたいのに全然、手離してくれなかったし





「大丈夫。大丈夫。あれはたまたまだよ。」





「たまたまかもしれないけど…。」




「もし、変なヤツが来たら私が蹴っ飛ばすし大丈夫だよ。」





私が何を言おうと葵は納得しない






あ!あれを忘れてた!




「タクシー!タクシーで帰るよ!」





これなら葵も納得するだろうね

0
  • しおりをはさむ
  • 586
  • 236
/ 330ページ
このページを編集する