僕らアメフト同好会~ちびマネ×女嫌いエースの恋~【完】

☆第1クォーター☆ /第1話  出会い


 桜がすっかり葉桜に変わりつつある、4月のとある日。

 私は大学に入学して初めての授業を終え、一人で昼食を取るため、校内見取り図片手に学食を探してさまよっていた。


 私の名前は 平川 香奈(ひらかわ かな)18歳。

 身長154センチ 性別は一応女の子。

 高校までは陸上をやっていたため身体は細くて筋肉質で、髪はまったくおしゃれとは言いがたいショートカット。

 中学から出始めたニキビはいまだ根強く残っていて、本当に女の子らしさとか可愛らしさとかが欠片もないと自信を持って言える。


 ここ私立S大学は、この辺りではそこそこにレベルの高いマンモス大学だ。

 学部数10を誇り、法学部、商学部、経済学部など文系の学部の他に、薬学部、医学部、体育学部なんてものまである。

 人数はいったいどれだけいるのか知らないけれど、広大なキャンパスには緑が溢れ、大学と言うより一つの綺麗な町といった雰囲気だ。そこに惹かれてこの大学を選んだようなもの。

 ちなみに私は法学部。


 私は今、大学のメイン広場ともいえる場所にいるけれど、今日は異様に人が溢れ、変な熱気に包まれている。

 なぜかというと、新年度を迎えたばかりの今日から1週間は、各部活動やサークルによる新入部員獲得のための勧誘活動週間となっているからだろう。

0
  • しおりをはさむ
  • 191
  • 505
/ 251ページ
このページを編集する