僕らアメフト同好会~ちびマネ×女嫌いエースの恋~【完】

☆第2クォーター☆ /第5話 打ち上げ


「お疲れ様でした!」

「乾杯っ!!」

 春季リーグ初戦を見事白星でかざった、その日の夜。司先輩の家でRBの飲み会が開かれることになった。


「本当にお疲れ様でした。司先輩も岡田先輩もすごかったですね、感動しました!」

 隣に座る岡田先輩に目を向けると、先輩が照れくさそうに微笑む。

「ありがとう。香奈ちゃんもよく頑張ってたね」

 とってもシャイで優しい岡田先輩は2年生。アメフト部員にしては小柄な人で、去年までは控えの選手だったと聞いたけれど、そうとは思えないぐらい落ち着いてプレーしていたよね。

「俺はやっぱり、開始直後の司先輩のタッチダウンが一番印象的だったな」

 小太郎の言葉に大きく頷く。

「私も! 岡田先輩がボールを持っているとばかり思っていたから、途中で気付いて驚きました。慌てて司先輩を探したら、もうだいぶ先まで走っているし……。最後のディフェンスとか弾き飛ばしていましたよね!」

 敵をいかに欺くかという頭脳戦。ラインとラインのすさまじい攻防戦。

 そして鮮やかなテクニックとパワーを見せつけた司先輩の走り。

 もうすべてが凄くって、今でもまだ興奮状態が続いているみたいだ。

0
  • しおりをはさむ
  • 191
  • 504
/ 251ページ
このページを編集する