僕らアメフト同好会~ちびマネ×女嫌いエースの恋~【完】


「ちょっと、人のベッドの上でお菓子食べないでよ! 仕送り使うのを我慢して買った、新しい布団カバーなんだから!!」

 やりたい放題の守をしかりつつ、教科書を開く。

 守の持ってきた教科の試験は、あらかじめ与えられたいくつかの法律用語に関する小論文問題だった。

 ちゃんと事前に文章をまとめておけば、後は丸暗記してテスト用紙にうつすだけ。試験内容としてはとっても楽勝なやつ――の、はずなのに。

 本当にため息が出ちゃう。この試験でダメなら、進級どころか卒業なんてできるわけないじゃん。


 一度も授業を受けたことがない状態で、教科書とノートだけを使い、なんとかその論文をまとめていく。

 何の資料も使っていないから点数は悪いと思うけれど、単位認定の最低ライン、60点さえ越えられればいいと言っているから、まぁなんとかなるだろう。



0
  • しおりをはさむ
  • 191
  • 502
/ 251ページ
このページを編集する