僕らアメフト同好会~ちびマネ×女嫌いエースの恋~【完】

☆第1クォーター☆ /第3話 仮入部


 勧誘週間が終わった次の日。

 私は使い馴染んだジャージに着替え、清田主将に教えられたアメフト同好会の部室に向かっていた。


 ――あーあ、なんでこんなに流されやすいんだろ、私。

 おかしいなぁ。マネージャーではなく、自分がプレイヤーとして楽しめる部を探すはずだったのに……。


 勧誘された日の、別れ際の先輩たちの顔を思い出す。

「絶対来いよ!」と威圧感たっぷりに脅される私の横で、美少女枠の4人組は「お願いだから来てね?」と可能な限り巨体を縮めた先輩方に可愛くお願いされていた。

 ま、所詮そんなもんでしょうけどね。……本当に私、必要とされているのかなぁ? 清田主将の変な趣味に、みんなしてつき合わされているだけの様な気がするけれど。

 とりあえずまだ1週間は仮入部なんだし、様子を見てみるか。 


0
  • しおりをはさむ
  • 187
  • 494
/ 251ページ
このページを編集する