僕らアメフト同好会~ちびマネ×女嫌いエースの恋~【完】

☆第3クォーター☆ /第1話 釣り対決(1)


 前期試験の終了とともに夏休みに入り、再び部活漬けの毎日が始まった。

 夏休みの練習は、普段の土日と同じく午前中のみ。秋季リーグ戦の開幕が近くなれば、二日に一度、午後も練習が入ってくるらしい。


 今日も猛暑のなかでの練習を終え、のんびりとクーラーの入った部屋でくつろいでいた、夕暮れ時。

 またもや携帯が、泰吉先輩からの不吉な着信を告げた。


「……はい、もしもし?」

 おそるおそる出た携帯から聞こえてきたのは、いつも通りのしゃがれ声。

『今から釣りに行くぞ』

「へっ?」

『清田の家に5分で集合。はい、レディ・セット・ゴー』

「え、えぇ!? ちょっと待っ……もう切れてるっ!?」

 いくらなんでも強引すぎない?

「えっとえっと、今釣りって言っていたよね!? それって何か準備がいるの? あぁもう、悩んでる時間なんて残ってないじゃん!!」

 ぽいぽいぽいっと部屋着を脱ぎ捨て、いつものジーパンTシャツ姿に着替える。

「泰吉先輩のバカ!」

 靴をひっかけるようにして、慌ただしく部屋を飛び出した。

0
  • しおりをはさむ
  • 190
  • 503
/ 251ページ
このページを編集する