僕らアメフト同好会~ちびマネ×女嫌いエースの恋~【完】

☆第3クォーター☆ /第4話 香奈のお仕置き大作戦


「――まぁ、深入りする前に本性が分かって良かったんじゃないか?」

 小太郎の言葉に、連絡を受けて駆けつけた守がうんうん頷く。

 普段はお茶にしてもらう私も今日は小太郎特製カクテルを飲ませてもらい、すでにほろ酔い気分だ。


「小太郎の言う通りだよ。しかし女は怖いな、司先輩がトラウマになる気持ちも分かるよ。俺も寄ってくる女には気をつけねぇと」

 したり顔で両腕を組む守を、小太郎がくすりと笑う。

「お前は被害にあわないから大丈夫だよ」

「あ、でたよ差別発言。今に見てろよ? すんげぇ可愛い子が俺を好きになるかもしれないぞ?」

 小太郎と守のじゃれあいを、育太が穏やかな顔で眺めている。


 今日、育太もだけど、司先輩も辛そうだったな……。

 帰りぎわ育太に見せた、すこし気遣うような顔が忘れられない。

 毎日遅くまで、文句一つ言わずに後輩の練習に付き合うような優しい先輩だから、きっとすごく悲しかったはず。

 あのトラウマも、また強くなっちゃったかもしれないな……。


0
  • しおりをはさむ
  • 187
  • 494
/ 251ページ
このページを編集する